ソーシャルワークと3つのアプローチ!

ソーシャルワークといえば援助技術相談援助を意味する言葉ですが、今回ご紹介するのはソーシャルワークにおける3つのアプローチです!

皆さんは以下の用語を聞いた事はありますか?

・治療モデル

・生活モデル

・ストレングスモデル

これら3つがソーシャルワークにおける3つのアプローチとなりますが、そもそもこれら3つのモデルは何なんでしょう?

・何事もお手本が必要!

仮に皆さんがソーシャルワーカーだとします。

すると利用者さん(クライエント)のケースや状況に応じて、ソーシャルワーク(援助技術)のアプローチを変える必要が出てきます。

そんな時、お手本となるモデルが1つでもあれば、めちゃくちゃ便利ですよね?

そこで登場するのが、改めてご紹介する3つのモデルです!

・治療モデル

・生活モデル

・ストレングスモデル

治療モデルとは?

これは問題解決の際に医療をメインとしたアプローチとなります!

診断から始まり、最終的には治療を目的としたモデルが治療モデルです!

詳しくはこちらのサイトに掲載されています

生活モデルとは?

こちらは問題解決の際に生活をメインとしたアプローチとなります!

その人の日常に重きを置き、人と環境との相互作用を取り入れつつ問題解決にあたります。

ストレングスモデルとは?

誰にだって強みは必ずあります!

そんな強み(ストレングス)を土台に問題解決にあたるのが、このストレングスモデルです!

(厳密には、自身の力で解決する能力の事をストレングスと言います。)

ちなみに僕の強みは「そこそこのポジティブ思考」と「替え歌作成」だと信じてます(笑)

まとめ

ソーシャルワークには3つのモデルがあり、クライエントのどこに重きを置くかで、各モデルを参考にすれば良い!という話でした♪

保育士試験では、これら3つのアプローチの違いを簡単に知っておくだけでOKです。

ぜひご自身の口で3つのアプローチの違いを説明できるよう、何度も復習してみてください(*^▽^*)ノ♪

スポンサードリンク