意外と知らない!?3つのプランとその内容!

保育試験や教員採用試験を受ける人は

以下3つのプランを一度は耳にした事があるはずです♪

①ドルトン・プラン

②モリソン・プラン

③ウィネトカ・プラン

ただ「具体的にどんなプラン?」と僕自身、思っていたので

今回、簡単にですが、まとめました(*’▽’)ノ

①ドルトン・プランとは?

パーカーストが提唱した事で知られる。

名前の由来は、アメリカ・マサチューセッツ州の

ドルトン市のハイスクールで行われた事による。

個別指導型のプラン

午前中は各教科の個別指導を実験室(ラボ)で受けた。

この際、子ども自ら作った「時間割(アサインメント)」

に基づいて行った。

午後からは技能強化を学級単位で協同学習。

個人的に午前中の時間割(アサインメント)~何だか面白そう♪

②モリソン・プランとは?

モリソンが提唱した事で知られる。

アメリカ中等学校で行われ

デューイの問題解決学習とヘルバルトの5段階教授法を

融合した学習方法。

「探究→提示→類化→組織→発表」の5ステップ。

自発性を重視した。

上の5ステップ、何だか僕がYOUTUBEの

動画を作る際の工程に似ていて面白い♪

③ウィネトカ・プランとは?

ウォッシュバーンが提唱した学習方法。

アメリカ・イリノイ州ウィネトカ市

小・中学校で実施された個別学習重視の学習方法。

学習内容を個別と集団の2種類に分けて実施。

個別では、小単元ごとの課題を設定して

教師の個別指導を受ける授業スタイル。

集団では、集団の中で人間形成における

個性化と社会化の教育を目指した。

ドルトン・プランウィネトカ・プラン

アメリカの市の名前だったのね(笑)

今回の記事が参考になれば幸いです(´▽`*)ノ

スポンサードリンク