Q:日本は今、高齢化社会 or 高齢社会?

日本は少子化が進んでいるため

65歳を超える高齢者が増えつつあります。

そんな高齢者の増えた社会を

以下3つの言葉でグループ分け可能です。

①高齢化社会

②高齢社会

③超高齢社会

これら3つはWHO(世界保健機関)の定義に基づきますが

分かっていそうで微妙なこの辺を

僕なりに解説していきます(*’▽’)ノ♪

7の倍数で定められた割合分布

①高齢化社会

65歳以上の人口が全体の7%~14%未満

②高齢社会

65歳以上の人口が全体の14%~21%未満

③超高齢社会

65歳以上の人口が全体の21%以上~

記事タイトルの答え合わせ

ここで記事タイトルに戻ります!

問題:日本は今、高齢化社会 or 高齢社会?

内閣府が行った調査によると

日本の総人口は現在、1億2,671万人となっています。

[平成29(2017)年10月1日現在]

その中で65歳以上の高齢者が占める

全体の割合は27.7%となっています。

つまり先ほどの割合分布を見てみると

質問の答えは高齢化社会でも高齢社会でもなく

超高齢社会の真っただ中!という事になります。

僕はこの記事を書くまで

「そうは言っても高齢社会の真っただ中だろう!」と思ってましたが

だからこそ現在は、若者の年金負担が大きい!というニュースが

多くのメディアで取り上げられてるわけですね!!‥。

とんだ勘違いをしていた僕ですが

今回、この事実に気づけて今更ながら良かったです(; ・`д・´)

スポンサードリンク